事 業 実 施 団 体 の 概 要

団体名

旭市防災士・サービス介助士ネットワーク

代表者氏名

前田 晃敏

活動の目的

  1. 被災した旭市観光復興に貢献すること

  2. 観光客の安全を守り安心感を与えるノウハウを習得すること

  3. 観光・接客業や観光ボランティアガイドだけに留まらず,一般市民へ防災士やサービス介助士の資格を普及すること

主な活動内容

  1. 防災士・サービス介助士の資格取得を支援

  2. 飯岡海岸・刑部岬とその避難道の清掃と自主避難訓練や避難誘導の実施

  3. 観光客に対し接客サービスの質の向上のため学習会の開催

  4. 千葉県防災士協会・日本ケアフィットサービス協会・旭市消防・日本赤十字社関係地元団体・社会福祉協議会・ボランティア・NPO等との交流や情報共有

主な活動場所・エリア

飯岡形部岬展望館~光と風~ ・ 旭市

これまでの実績

光と風キャンペーン実行委員会が旭市とともに応募した「千葉県の連携・協働によるモデル事業」の資格取得支援に基づく。

H2410月資格支援の募集,1122日~1220日開催された説明会と事前講習会に参加した。122223日、千葉科学大学における防災士養成講座を受講し,防災士試験を受験した。全員24名が合格した。H25117日、飯岡福祉センターで旭市消防の救急救命講習を受講するなどして,防災士登録を各人で行っている。更に上級救急救命講習を受講した者もいる。

サービス介助士は通信教育講座を各人で受講し,順次資格を取得している。

補助・助成履歴

(いずれかを選択し、□内にレ点をご記入ください。)

 過去に市の補助金や助成金を受けたことがある

   →市補助金、助成金の名称を教えてください。

    (                       )

 

 過去に補助金や助成金を受けたことがない

組織体制

 会員名簿添付

ホームページアドレス

E-mailアドレス

 

Surflodge.chiba@gmail.com

 

第1号様式(第4条関係)

平成25年3月21日 

 旭市長 明智 忠直 様         

団 体 名 旭市防災士・サービス介助士

               ネットワーク    

代表者名 前田 晃敏       

 所 在 地 光と風キャンペーン実行委員会内

旭市上永井1217 

 

旭市市民まちづくり活動団体登録申請書

 まちづくり活動団体の登録を受けたいので、旭市市民まちづくり活動団体登録要綱第4条の規定により、関係書類を添えて申請します。

団体名

 旭市防災士・サービス介助士ネットワーク

代表者名

 前田 晃敏

事務所

所在地

光と風キャンペーン実行委員会内

旭市上永井1217

連絡先

担当者名

 前田 晃敏

住所

 旭市上永井1217

電話番号

 0479-57-5769

FAX

 0479-57-5769

E-mail

 

ホームページ

 

設立

平成25年   

会員数

    26  人

活動分野

 防災・観光

団体の

目的及び

活動内容

 防災・介助に関する資格者が協働し、自主防災力及び

介助サービスの質の向上を目的とする。

上部団体

及び友好団体等

 光と風キャンペーン実行委員会

 

 () 本申請書及び添付書類の内容に変更があったときは、速やかに第4号様式により届け出てください。 

旭市市民まちづくり活動支援事業補助事業応募申請書

 

                        平成25321

 

旭市長 明智 忠直 殿

 

 

                 所 在 地 旭市上永井1217

      光と風キャンペーン実行委員会内

団 体 名 旭市防災士・サービス介助士ネットワーク

代表者氏名 前 田 晃 敏               

 

平成25年度旭市市民まちづくり活動支援事業補助金の補助事業に応募したいので、関係書類を添えて提出します。

 

 

1 応募申請事業の名称

   復興観光を願う防災士とサービス介助士のネットワーク化

 

 

2 応募するコース(いずれかを選択し、□内にレ点をご記入ください。)

 

   ☑スタート支援事業(まちづくり事業の開始及び組織強化等に関するもの)

 

   □ステップアップ支援事業(上記を除くまちづくり事業全般)

 

 

3 助成申請額

 

 金 100,000 (応募申請事業費総額 金 178,000

 

 

4 添付書類

  1. 事業実施団体の概要

  2. 事業計画書及び収支予算書

  3. 定款、規約その他これらに類するもの及び構成員名簿

  4. その他

旭市防災士・サービス介助士ネットワーク規約

 

(名 称)

 第1条  本会は、旭市防災士・サービス介助士ネットワーク(以後「本会」という。)とする。なお,略称するときは,防災介助ネットという。

(目 的)

 第2条  本会は、防災・介助に関する資格者が協働し,自主防災力および介助サービスの質の向上を目的とする。

(会 員)

 第3条  本会は、第2条の目的に賛同し,防災士もしくはサービス介助士の資格を有する者をもって正会員とし,同資格の取得を目指す者をもって準会員とする。

(事 業)

 第4条  本会は、第2条の目的を達成するため、次の事業を行う。

    (1) 自主防災力の向上と,その資格取得支援にかかわる事業

    (2) 介助サービス力の向上と,その資格取得支援にかかわる事業

    (3) その他、本会の目的達成に必要な事業

(役 員)

 第5条  本会に次の役員をおく。

    (1) 会   長     1名

    (2) 副 会 長     2名

    (3) 会   計     1名

    (4) 監   査     1名

    (5) 顧   問     2名

2.役員は正会員の中から互選し, その任期は2年とする。ただし再任を妨げない。

(職 務)

 第6条  会長は、会を代表し、職務を掌理し,総会の議長となる。

  2. 副会長は、会長を補佐し、会長事故あるときはこれを代行する。

  3. 会計は、会の経理を執行する。

  4. 監査は、会の会計を監査する。

5. 顧問は、会長の諮問に応じる。

(総 会)

7条  総会は、次に掲げる事項を協議する。

  1. 事業報告及び事業計画

  2. 決算及び予算

  3. 役員の選出

  4. その他重要な事項  

  2.会計年度ごと定例総会を開催する。ただし会長が必要と認めるかもしくは正会員の3分の1以上からの請求があった場合,臨時総会を開催することができる。

  3.総会は正会員および準会員で構成され,その定足数は2分の1であり,出席者の過半数の賛成で採決される。

(会 計)

 第8条  会費は、月250円とする。

  . 会計年度は、毎年4月1日より3月31日までとする。

 

(規約の改正)

 第9条  本規約は、総会において,定足数を3分の2以上で出席者の過半数以上の賛同を得て改正することができる。

 

 附則   この規約は、平成25年4月1日から施行する。

       

 

問合せ・所在地

千葉県旭市上永井1217

NPO光と風内

℡ 0479-57-5769

mail 

info@hikaritokaze.org